最近、忙しくてなかなか疲れが取れなかったり、寝つきが悪かったりしていませんか?ストレスが溜まっていて、そのような状態になることもありますが、あまりにも長く続くようでしたら、自律神経失調症を疑った方がいいかもしれませんね。自律神経失調症は、その名の通り、自律神経のバランスが乱れて、体のあらゆる部分に色々な症状をきたす心の病気なのです。具体的な症状や症状が現れる場所は、人によって異なります。微熱や下痢などが続くようであれば、内科に行って診察を受ける必要があります。また、息切れや動悸を感じた場合は、呼吸器科に行って診察してもらうといいでしょう。漠然とした体の不調を感じた場合には、とりあえず、内科へ行って診察を受けてみてください。自律神経失調症は、疲れやストレスが原因で発症することもよくありますが、糖尿病やメニエール病が原因であることも少なくありません。さらに、軽度の自律神経失調症であれば、内科で薬を処方してもらえば、体調が良くなるなんてケースも結構あるのです。内科で診察してもらって特に異常が見つからなかった場合、自律神経失調症と診断されることがほとんどでしょう。そのような診断をされたら、心療内科を受診してみてください。できれば、心療内科と神経科の両方を受診できるクリニックに行くといいかもしれませんね。心療内科は一般の内科とは違い、症状に対しての治療を行うだけでなく、自律神経失調症の最大の治療法であるカウンセリングなどを行います。自律神経失調症の根本的な原因をカウンセリングなどを行って取り除いていくことで、症状の改善や完治を目指すのですー